上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ファーマフーズとロート製薬の共同研究、「ボーンペップ」とカルシウムの共投与により骨成長促進を確認



バイオベンチャーのファーマフーズ<2929>(東マ)とロート製薬<4527>(東1)は、骨の成長促進成分「ボーンペップ」(ファーマフーズが開発した卵黄から抽出したペプチド)に関する共同研究を続けてきたが、「ボーンペップ」とカルシウムを同時に投与すると骨成長を促進することを確認したと16日発表した。 さらに、「ボーンペップ」とカルシウムの共投与により、「骨密度」及び「骨強度」を高める傾向がみられたことから、これらについても今後検討を進め、成果はロート製薬の機能性食品に応用する...





石井表記 前1月期純利益は2.48倍、今期も二桁増益



石井表記<6336>(東2)の07年1月期連結業績は、売上高163億6600万円(前々期比24.6%増)、経常利益19億5900万円(同2.44倍)、純利益11億8500万円(同2.48倍)と大幅増収増益を達成した。 プリント基板製造装置等の電子機器部品製造装置事業、メンブレンスイッチパネル等のディスプレイ・電子部品事業と太陽電池ウェーハ事業の3事業からなる。電子機器部品製造装置では、パソコン、携帯電話およびデジタル家電の需要増にともないプリント基板の製造装置の販売が国内外...





稲葉製作所 1月中間連結経常利益は83.2%増



稲葉製作所<3421>(東1)の1月中間連結決算は、売上高170億8500万円(前年同期比9.1%増)、経常利益14億7100万円(同83.2%増)、純利益7億8200万円(同68.1%増)と増収大幅増益となった。 物置需要動向に直接関連する戸建住宅着工戸数は緩やかな増加傾向にあり、オフィス家具業界においても企業収益の改善や民間設備投資の拡大で首都圏中心にオフィスの新設・移転やリニューアル需要が堅調であった。その結果、鋼製物置は前年同期比2.8%増の92億3400万円、オフ...





シーマ 「監理ポスト」割当解除を発表



シーマ<7638>(JQ)は、3月17日付でジャスダック証券取引所の「監理ポスト」割り当てから解除されると発表した。 平成17年2月4日に重要な会社情報の適時開示をはじめとする内部管理体制の不備という理由で「監理ポスト」入りとなっていたものだが、株式上場廃止基準に該当しないと認められたため。 なお、ジャスダック証券取引所から平成19年3月30日を提出期限とする改善報告書の提出を求められたことから、同社では適正な内部統制を組み込んだ内部管理体制および投資者に投資判断の基礎とな...


スポンサーサイト

【2007/03/18 00:25】 | 株式投資情報 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを 投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。