上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前引けの日経平均株価は10円安の1万7470円と小反落



前引けの日経平均株価は10円48銭安の1万7470円13銭と5日営業日ぶりに小反落している。TOPIXは6.36ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は0.72円高と続落している。 値上がり業種はその他金融、空運、サービス、ガラス土石製品など。 値下がり業種は電気・ガス、ゴム製品、陸運、不動産、卸売など。 東証1部市場値上がり734銘柄、値下がり823銘柄、変わらず169銘柄となっている。 225採用銘柄の値上がり率上位は、東京ドーム<9681>(東1)、三洋電機<676...





井関農機はストップ安。不適切な会計処理、業績下方修正・無配で



井関農機<6310>(東1)は80円安の222円ストップ安。前引け前で、売り物が200万株以上出ていた。 先週23日に、「子会社3社が、不適切な会計処理により、利益の過大計上が行なわれていたと判明」「水増し利益は約40億円」と報道された。同社は同日の大引け後に、その概要について説明するとともに、中野弘之社長を委員長とする内部調査委員会を設置し、調査を実施していると発表した。 さらに、2007年3月期業績予想の下方修正と、期末(年間)配当金を前回予想の3円から、無配とする発表...





旭硝子が続伸し上値追い、三菱系との提携の可能性も



旭硝子<5201>(東1)は、9円高の1600円と続伸し上値追いとなっている。22日にビルや住宅で使う建築用板ガラスをロシアで約6割増産すると発表。2009年初めに量産を始め、投資額は約210億円。経済成長が続くロシアやその周辺諸国では建築需要が拡大しており、増産体制を整えて成長市場でのシェア固めを急ぐ。3月12日の三菱ケミカルホールディングス<4188>(東1)四季報速報によれば、もともと三菱化学が1944年から1950年まで、旭硝子を吸収合併していた。旭硝子はガラス代替...





リサ・パートナーズは一服局面、買い時。掲示板のカキコ活発化で注目



リサ・パートナーズ<8924>(東1)は反落。1万円安の70万5000円で始まり、前場は60万円台まで下げている。東証1部値下がり幅ランキング上位に入っている。 先週22日に、国内証券がレーティングを新規に「1H」(買い・高リスク)、目標株価91万円とした。また、同日、山陰合同銀行<8381>(東1)と、事業再生について業務提携を発表した。第一弾として、玉造温泉(島根県松江市)の旅館の再生支援事業を始める。 これらを材料に、続伸してきていたが、今朝は利益確定売りで一服してい...





学習研究社は直近高値を抜き騰勢強める動き



学習研究社<9470>(東1)が、4円高の322円まで買われ直近22日高値321円を抜き騰勢を強めている。3月12日に338円まで買われた後、14日に299円まで下落したが、下値を切り上げている。20日受付でマッケンジー・ファイナンシャル・コーポレーションが財務省に提出した大量保有報告書によれば、保有株が8.41%→7.13%へ減少した。これを丹念に拾っている動きがみられる。出版大手で業界再編も浮上、インデックスHDの動向も注目される。インデックスHDの関連会社の学研インデ...





北陸電力は反落。原発の臨界事故隠蔽に能登半島沖地震で泣きっ面に蜂



北陸電力<9505>(東1)は反落。20円安の2970円で始まり、寄り後は2925円まで売られた。 原発の臨界事故隠蔽で続落傾向にあったが、さらにきのう25日に能登半島沖地震が起きて、泣きっ面に蜂となっている。 報道によると、北陸3県では、原発を含めて大きなトラブルは報告されていないが、一部工場で設備破損などの被害が出た。今後の被害次第では、回復の兆しを見せている北陸景気に水を差す可能性もありそうだと指摘されている。





真柄建設が値上がり率上位に



北陸3県が地盤の建設会社である真柄建設<1839>(東1)が、32円高の224円と急上昇し4日続伸となっている。25日午前石川県で震度6強を記録した地震の発生によって、倒壊した道路など復興需要を期待した目先資金の思惑買いが入ったようだ。





加ト吉は気配値切り下げて売り気配。「架空取引関与の疑い」報道で



加ト吉<2873>(東1)は100円安の750円売り気配。 今朝の日経新聞等で「架空取引に関与の疑い」と報道された。報道によると、同社グループが、複数の取引先と、帳簿上は商品を受け渡したように装う、架空取引に関与していた可能性があることが25日、わかったという。 同社は今朝9時台に、「外部弁護士、公認会計士を含めた調査委員会で調査中であり、詳細が判明しだい開示する」と発表した。





伊勢丹が東急百貨店と提携を好感し反発、一段と業界再編加速



伊勢丹<8238>(東1)が、50円高の2145円と反発している。伊勢丹と東急百貨店、同社の親会社である東京急行電鉄<9005>(東1)の3社が、百貨店事業の業務提携で基本合意したとの報道を好感している。伊勢丹は幹部級の人材を東急百に派遣し、営業面で支援、両社は独自商品を共同で企画し、商品・顧客情報を管理する情報システムも東急百が伊勢丹のシステムに相乗りする形で統合するという。東急百は収益力の高い伊勢丹の運営ノウハウを採り入れ、業績改善につなげる考えとしている。 百貨店業...





サンケン電気は反落。北陸・能登沖地震は大きな被害なし



サンケン電気<6707>(東1)は今朝8時台に北陸・能登沖地震に関連して、「製造子会社の石川サンケンと、サンケンオプトプロダクツの従業員について、人的被害はない」「建物、生産設備に大きな損傷はない」「現在、詳細については調査・検討中」と発表した。 同社は金沢市に金沢営業所があり、サンケンオプトプロダクツの本社が石川県羽咋郡に、石川サンケンの本社も同郡に所在する。 今朝は11円安の1229円で始まり、寄り後は1232円まで戻した。が、その後は1210円台となっている。





北陸ミサワホームギャップアップ、北陸・能登沖地震で



北陸ミサワホーム<1763>(JQ)はギャップアップ。25円高の428円で始まっている。 きのう朝9時台に、北陸地方で、最大震度6の強い地震があった。震源地は石川県能登半島沖の海底で、能登半島の輪島市、七尾市、穴水町で震度6、富山市で震度5など。





住友金属鉱山は確りした動き、住金との相互株式取得



住友金属鉱山<5713>(東1)は、20円高の2335円と確りした動きになっている。住友金属鉱山は23日、住友金属工業<5405>(東1)と株式を相互に追加取得したと発表した。100億円ずつ出資し、住友鉱は住金の発行済み株式数の0.63%、住金は1.36%を保有した。ニッケル価格の高騰が続く中、互いに安定した販売、調達先を確保し収益拡大を狙うとしている。資源業界では世界的に大型買収が相次いでおり、両社の持ち合い強化は安定株主づくりを進める意味も指摘されている。 3月12日に...





大引けの日経平均株価は61円高の1万7480円と続伸



大引けの日経平均株価は61円41銭高の1万7480円61銭と4日続伸した。TOPIXは10.14ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は0.44円安と反落した。 値上がり業種はゴム製品、医薬品、陸運、銀行、電気・ガスなど。 値下がり業種は不動産、倉庫運輸関連、その他金融、水産・農林、パルプ・紙など。 東証1部市場値上がり852銘柄、値下がり719銘柄、変わらず161銘柄となった。 225採用銘柄の値上がり率上位は、清水建設<1803>(東1)、いすゞ自動車<7202>(東...





森下仁丹がストップ高まで買われる、2003年高値が目先目標か



森下仁丹<4524>(東2)は、80円高の425円ストップ高まで買われている。同社が、神戸大学医学部医学医療国際交流センターの白川利朗助教授らのグループと独自の腸溶性となる耐酸性シームレスカプセル化技術を応用した経口腸チフスワクチンの開発に着手し、その成果を共同で特許出願したとの発表を材料視した買いが入っている。上方修正と復配を発表して付けた直近高値389円を抜いており、2003年10月高値610円が目先の目標値として意識されよう。








スポンサーサイト

【2007/03/26 12:06】 | 株式投資情報 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを 投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。