上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大紀アルミニウムは自動車業界の好調を受け、中期的に業績拡大基調



大紀アルミニウム工業所<5702>(東1)は自動車エンジン材料に使うアルミ2次合金のトップメーカーで、アルミ合金の溶湯を供給するビジネスへも展開。日系自動車メーカーのグローバル生産拡大を背景にアルミ2次合金地金の需要好調で、今期の販売数量(単体)は、前期比8%増の29万4000トンと、前期に続き過去最高を更新する見通し。 主要ユーザーのトヨタ自動車<7203>(東1)は海外販売が好調で、06年の広州工場、テキサス工場に続き、07年にロシア工場、天津第3工場、タイ第3工場、0...





荏原実業はV字型回復を見込む、環境関連に力入れる



水処理関連・環境関連・風水力冷熱機器等関連の荏原実業<6328>(東1)は、前期の足踏みから今2007年12月期(連結)業績はV字型回復が予想されている。 前06年12月期の売上高は236億500万円(9・9%減)、経常利益2100万円、当期純利益は1億5400万円の損失だったが、売上高は環境関連で工期のズレや出荷遅れでいわゆる期ズレがあり、売上総利益では、特定案件で不具合発生、加えて積算ミスで3億8500万円の追加原価があったなどが響いた。特別損失の増加もあった。 ただ、...





大引けの日経平均株価は156円安の1万7365円と反落



大引けの日経平均株価は156円91銭安の1万7365円05銭と6日ぶりに反落した。TOPIXは17.51ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は23.27円安と反落した。 値上がり業種は鉱業、不動産、ガラス土石製品、石油石炭製品、機械、鉄鋼のみ。 値下がり業種は医薬品、電気・ガス、水産・農林、銀行、陸運、繊維製品など。 東証1部市場値上がり233銘柄、値下がり1419銘柄、変わらず58銘柄となった。 225採用銘柄の値上がり率上位は、三菱重工業<7011>(東1)、日立製...





インテリジェンスは4日続伸し騰勢を強める



【株価診断】 インテリジェンス<4757>(JQ)が、1万2000円高の33万5000円と4日続伸し騰勢を強めている。14日に外資系証券が投資判断を「Equel-weight-V」→「Overweight」、目標株価を28万円→39万円に引き上げ、15日には国内準大手証券が投資判断を「強気」とするなどインテリジェンスに対して強気の見通しが相次ぎ株価を押し上げている。2月決算に加え、カーライルの保有株売却も一段落し、需給面での不安が薄らいでいることから買い安心感もある。引き続...





LTTバイオファーマは材料発表2つで、後場、ストップ高



LTTバイオファーマ<4566>(東マ)は前場のモミ合いから、後場、反発。7万4000円まで買われ、ストップ高となった。 きょうの昼12時台に、「MH杵 打錠試験センターの設立」「旭硝子<5201>(東1)が保有する、組み換えヒト銅、亜鉛型スーパーオキシドジスムターゼ、レシチン化SODに関する特許・製造技術情報等の権利譲受」について発表したことが材料となったもよう。





ナナオは年初来高値3710円を射程 業績拡大期待を追い風に上昇基調を強めよう



ナナオ<6737>(東1)が大幅反発し、2月19日の年初来高値3710円を射程にとらえてきた。 23日に2007年3月期の業績予想を上方修正、連結純利益は従来予想を15億円上回る前期比3・3%増の75億円となり、従来の減益予想から一転して増益を見込む。また配当も従来予想から10円上乗せて70円(前期は55円)とする。 得意とするPC用モニターで20インチ以上の大型製品が好調だったほか、アミューズメント用も順調に売り上げを伸ばして収益を押し上げた。 ウィンドウズ・ビスタではワ...





アドバンテストが反落、目標株価引下げを嫌気した売り先行



アドバンテスト<6857>(東1)は、180円安の5360円と反落している。外資系証券が投資判断を「ニュートラル」→「アンダーパフォーム」に格下げ、目標株価を「6000円」→「4000円」に引き下げたことを嫌気した売りが先行している。 2月のBBレシオ(受注額を出荷額で割った値)が1.31と受注超過は11カ月連続で好調な市況を受け、22日に5620円まで買われたが、下値を探る動きとなりそうだ。





アトリウムは反発。短期に乗っても良いが、中期投資で上値追いも



不動産ファンドなどの事業を行なっているアトリウム<8993>(東1)は反発している。今朝は10円高の3200円で始まり、一時、上場来安値3160円をつけたが、その後、反発。後場に入っても続伸し、3280円まで買われている。 2006年3月に上場。2007年1月に上場来高値4000円をつけて以降、続落してきた。ローソク足は移動平均線から下方に乖離しており、そのため、自律反発の時期ではあった。 とくに何か材料が出たわけではないが、自律反発に加え、きょうは東証1部業種別株価指数で...





日立製作所は続伸し昨年来高値を更新、4ケタ大台回復を視野に入れた動き



日立製作所<6501>(東1)が、35円高の911円と続伸し22日につけた昨年来高値899円を更新している。期末3円の配当落ち分をあっさり埋め、騰勢を強めている。原発関連の側面もあるが、事業の選択と集中を評価した買いが継続している。 2002年1月の高値1008円を視野に入れた動きとなってきた。引き続き注目。





前引けの日経平均株価は21円安の1万7500円と小反落



前引けの日経平均株価は21円59銭安の1万7500円37銭と小反落している。TOPIXは5.32ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は20.30円安と反落している。 値上がり業種は鉱業、不動産、石油石炭製品、鉄鋼、非鉄金属など。 値下がり業種は電気・ガス、空運、水産・農林、医薬品、保険など。 東証1部市場値上がり464銘柄、値下がり1124銘柄、変わらず116銘柄となっている。 225採用銘柄の値上がり率上位は、日立製作所<6501>(東1)、伊藤忠商事<8001>(東...




スポンサーサイト

【2007/03/27 16:55】 | 株式投資情報 トラックバック(0) |


株侍
はじめまして

突然のコメント失礼します。

私は「株情報の宝庫」と言うサイトを運営しています。

そこでこちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

該当記事
http://blog.livedoor.jp/idoool21/archives/53465829.html

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして

突然のコメント失礼します。

私は「株情報の宝庫」と言うサイトを運営しています。

そこでこちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

該当記事
http://blog.livedoor.jp/idoool21/archives/53465829.html
2007/03/27(Tue) 22:52 | URL  | 株侍 #-[ 編集]
コメントを 投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。