上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前引けの日経平均株価は264円高の1万7508円と大幅続伸



前引けの日経平均株価は264円60銭高の1万7508円65銭と大幅に続伸している。TOPIXは23.52ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は1.17円高と反発している。 鉱業と石油石炭製品を除く全業種が値上がりしている。 東証1部市場値上がり1392銘柄、値下がり235銘柄、変わらず99銘柄となっている。 225採用銘柄の値上がり率上位は、ファーストリテイリング<9983>(東1)、日本ガイシ<5333>(東1)、ミネベア<6479>(東1)。 225採用銘柄の値下が...





きょうの前場は日経平均200円高で地合いヨシ、銘柄物色もひとひねり



宇徳運輸<9358>(東1)は20円高の759円で始まり、前場は820円まで乗せた。一時、東証1部値上がり率トップとなった。 きょうの前場は、日経平均株価が156円高のギャップアップ1万7400円68銭で始まり、その後、続伸し、1万7500円台に乗せるなど、地合いは良い。 東証1部値上がり率ランキングを見ると、澁澤倉庫<9304>(東1)、佐伯建設工業<1889>(東1)、不動テトラ<1813>(東1)、東海観光<9704>(東1)など、値ごろ感のある低位株が目立つ。個別に...





カルチュア・コンビニエンス・クラブは小幅反発。ファミマとの会員カード提携も反応薄



カルチュア・コンビニエンス・クラブ<4756>(東1)は小幅反発。6円高の683円で始まり、寄り後は689円まで買われている。 今朝の日経新聞等で「コンビニ大手のファミリーマート<8028>(東1)と、AVレンタル最大手のカルチュア・コンビニエンス・クラブが、会員カード事業の共同展開で提携した」と報道されたが、市場は反応薄だ。 ここ数日は、イオン<8267>(東1)とローソン<2651>(東1)の電子マネー提携交渉や、セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)の独自...





石川島播磨重工業が続伸、原発・防衛関連として居所を変えるか



石川島播磨重工業<7013>(東1)は、8円高の483円と続伸している。昨年10月に東芝<6502>(東1)がWH社を買収した際、石川島播磨は3%を出資しているが、今回住友商事<8053>(東1)が5%出資を決めたことで、WH社に対する期待が一段と高まった。 4月に入り、防衛関連の一角が物色されるなどしていることから、同社も何れ物色されるとの観測がある。 直近3月28日高値505円抜けとなれば、2月27日につけた年初来高値514円奪回から一段高へ進む公算大。





シダーは短期資金流入で?大幅続伸。中期投資も一手



シダー<2435>(JQ)は大幅続伸。今朝は63円高の345円まで買われている。全市場値上がり率上位にランクインしている。 先週3月29日に、日証金が制度信用取引の新規売買の現引きにともなう申込停止措置を解除して以降、200円台後半から300円台へと続伸してきた。 最近はまた、新興市場で材料が出た銘柄や、東証1部の低位株に、短期資金が流入して、一挙に急騰、という場面が散見される。同社株も同様のケースかもしれない。 一方で、この2~3ヵ月の同社株価チャートを見ると、三角保ち合...





NECトーキンが小幅ながら3日続伸



NECトーキン<6759>(東1)が、5円高の489円と小幅ながら3日続伸となっている。同社が電圧や電気信号を制御するコイルを小型化できる新素材を開発したと報じている。「金属ガラス」と呼ばれる結晶構造が不規則な金属で、コイルのコア(芯)に使用する従来のフェライトなどの材料よりも磁力を通しやすく、小型でも性能が落ちない。最大でコイルを二割ほど小さくでき、携帯電話やパソコンの小型化に貢献できる。来年中にこの素材を使ったコイルの製品化を目指すという。 3月22日に2007年3月期...





新生銀行は3月期最終赤字も反発。悪材料出尽くしで「新生」に向け、押し目買い場面



新生銀行<8303>(東1)の今朝は反発。3円安の560円で始まったが、寄り後は576円まで買われている。 きのう大引け後に、2007年3月期業績予想の下方修正を発表した。連結・単体とも、経常収益、経常利益、純利益とも下方修正。とくに、純損益は、前回予想の利益計上から、損失計上の見込みとなった。最終赤字は、2000年3月の発足以来、初めてという。 連結子会社のアプラス<8589>(大1)に係る、のれんと、無形資産の減損などの計上、持分法適用会社シンキ<8568>(東1)の普...





リスクモンスターが3日ぶりに反発



与信管理サービスのリスクモンスター<3768>(大ヘ)が、9000円高の13万2000円と3日ぶりに急反発している。日本版SOX法(企業改革法)に対応した内部統制の構築を支援するソフトを開発したとの報道を材料視した買いが入っている。企業の業務に潜むリスクや対処法について、同業他社の多数が選んでいる方法を推奨するとしている。 東京商工リサーチが3月29日に財務省に提出した大量保有報告書によれば、6.58%→7.91%へ保有比率は上昇したことが分かっているが、株式分割や配当実施...





ダイハツ工業はギャップアップ。スズキを抜いてKカー販売台数トップに



ダイハツ工業<7262>(東1)はギャップアップ。38円高の1147円で始まり、寄り後は1155円まで買われた。東証1部値上がり率上位にランクインしている。 今朝の日経新聞等で「軽自動車、ダイハツ首位」と報道された。 全国軽自動車協会連合会がきのう発表した、2006年度のメーカー別の軽自動車販売台数で、ダイハツ工業が年間首位となった。33年間トップだったスズキ<7269>(東1)を抜いた。と、報道されたことが買い材料となっている。 とはいえ、今朝はスズキも40円高の3070...





米国株式市況 イラン緊張緩和、原油急落、住宅市場の改善に反応



■2007年4月3日(火)《主な指標》◎ダウ30種平均株価:12510.30(△128.00)◎ダウ運輸株指数:4901.78(△84.95)◎ナスダック総合株価指数:450.33(△28.07)◎長期金利(10年物国債・%):4.66(△0.02)◎ニューヨーク原油 (ドル/バレル):64.64(▼1.30)《主な話題株》☆買われた銘柄 (値上がり率)◎ゼネラル・モーターズ(GM)(△2.08%):3月の自動車販売が落ち込むも、予想されたほどではなかった。◎グーグル(△3....





東芝が年初来高値を更新、原発関連の新たな柱



東芝<6502>(東1)が、12円高の832円と続伸し1月15日につけた年初来高値828円を更新している。半導体市況の回復や円安を好感して前日動意付いたが、北米における火力発電機器サービス事業の拡大、住友商事が東芝傘下の米原子力発電大手WHに5%出資をし業務面での提携も強化することが買い手掛かり。原発関連の柱として昨年8月31日高値842円抜けから一段高期待。引き続き注目。





キリン堂は2月通期好決算で反発→続伸。今期もドミナント強力推進で増収増益へ



キリン堂<2660>(東1)は反発。26円高の1111円で始まり、寄り後は1140円まで買われている。 きのう大引け後に発表した、2月通期連結決算は、売上高が前年比9.2%増の728億0300万円、経常利益が同4.9%増の16億5100万円、純利益が同23.4%減の5億7700万円。 関西地域でのドミナント化を強力に推進し、スーパードラッグストアを中心とした積極出店と、不採算店の整理を促進した。同時に、粗利率の改善、コストコントロールの維持に努め、売上高と経常利益は増収増益...





大庄は業績予想の上方修正で、買い気配切り上げる



大庄<9979>(東1)は60円高の1593円買い気配。 きのう大引け後に、2月中間と8月通期業績予想の一部上方修正を発表した。連結・単体とも、売上高は前回予想比減額修正としたが、経常・純利益を同増額修正とした。 新規出店ペースが遅れたため、売上高を減額修正した。利益面では、食材イベント企画の見直し、仕入原価を考慮したメニュー作りなどで売上原価率が低下。販管費では、販促費の効率的使用などでコスト削減を図った。 チャートを見ると、2月末から3月初めにかけて、1600円台から1...





ブロッコリー 07年2月期黒字化へ



カードゲームが主力のブロッコリー<2706>(JQ)は、06年2月期まで4期連続の赤字であるが、07年2月期は業績が回復し、当初予想を上回る見込みであることから3日業績の上方修正を発表。 07年2月期の連結業績予想は、当初予想を4100万円上回る93億3100万円(前期比16.4%増)、経常利益は6400万円上回る1億5600万円(前期6億3000万円の損失)、純利益は2億1200万円上回る7200万円(同14億7900万円の損失)。 カードゲームを中心とする自社製品の売上...





インテリックス 第3四半期最終利益は2.4倍



インテリックス<8940>(JQ)の07年5月期第3四半期連結業績は、売上高249億2300万円(前年同期比15.5%増)、経常利益11億9000万円(同2.3倍)、純利益6億5500万円(同2.4倍)となった。 セカンダリー(中古)マンション市場の活性化に伴い販売物件数は945件(同22.1%増)と予定通りに推移した。また仕入れ情報の増加により選別仕入れが可能となり物件販売の粗利益率が3ポイント改善し14.5%となったことが大幅増益をもたらした。 第3四半期の仕入れ件数は...








スポンサーサイト

【2007/04/04 12:46】 | 株式投資情報 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを 投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。