上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大引けの日経平均株価は300円高の1万7544円と大幅続伸



大引けの日経平均株価は300円04銭高の1万7544円09銭と大幅に続伸した。TOPIXは26.20ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は1.94円高と反発した。 鉱業と石油石炭製品を除く全業種が値上がりした。 東証1部市場値上がり1443銘柄、値下がり206銘柄、変わらず79銘柄となった。 225採用銘柄の値上がり率上位は、日本ガイシ<5333>(東1)、ファーストリテイリング<9983>(東1)、横浜ゴム<5101>(東1)。 225採用銘柄の値下がり率上位は、国際...





村田製作所は下値切り上げ9000円台を目指す動き



【株価診断】 村田製作所<6981>(東1)はセラミックコンデンサを主力とする大手電子部品メーカー。 株価は2月末の世界同時株安で急落したが、3月12日には07年3月期末の増配を発表し、直近高値(大証1月23日の8950円)近辺まで回復。週足チャートで見れば徐々に下値を切り上げており9000円台を目指す動きか。 07年3月期の決算発表は4月27日引け後の予定だが、08年3月期も好調な需要を背景に増収増益という見方が大勢だ。PERの割安感には欠けるが、好業績を当て込んだ先回り...





クラボウは反発。きょうの午後は繊維製品セクターが高い



クラボウ<3106>(東1)は反発。5円高の325円で始まり、前場、後場とも330円まで買われている。 とくに何か材料が出たわけではないが、ここ2~3ヵ月は300円台前半でモミ合いが続いており、そろそろ、上放れの時期ではある。 2007年3月期連結業績予想は、前年比増収減益となっているが、2008年3月期はV字回復が見込まれており、これを先取りした相場が形成されつつあるのかもしれない。 加えて、信用残は売り長なので、目先、さらに買いが入りそうだ。 きょうの後場は、「繊維製品...





SMKは押し目の買い時。3月受注動向は堅調、カーエレクトロニクス分野の好調で



コネクターメーカーのSMK<6798>(東1)は小幅続伸。今朝は6円高の756円で始まり、後場に入っても、750円ラインの前後で推移している。 きょう発表した、2007年3月期受注動向では、3月単月の受注は、前年同月比が92%と下落したものの、前月比は114%と2ケタ増となった。とくに、カーナビやETC端末、カーオーディオ向けの「カーエレクトロニクス」分野が、前年同月比109%、前月比119%と大幅に増加した。 チャートを見ると、2005年に、それまでの500円ラインから、...





ファーマフーズが急騰、卵黄ペプチド製品がロート製薬の新商品に採用で



バイオベンチャーのファーマフーズ<2929>(東マ)が1万4000円高の12万6000円と急騰。 前引け11時に、同社の卵黄ペプチド(製品名:ボーンペップ)がロート製薬<4527>(大1)の新商品に採用されたと発表。これを好感し、後場買い気配でスタートした。 ロート製薬から発売される新製品「セノビック」は粉末清涼飲料で、4月6日に九州地区で先行販売が開始された後、順次販売エリアが拡大される予定。 なお、今回の採用による業績への影響についてはすでに発表している中期経営計画に...





NOKは小幅続伸傾向に、新製品開発報道がオン



NOK<7240>(東1)は小幅続伸。朝は15円高の2070円で始まり、後場に入ってもその前後で動いている。 昨年11月に、3000円ラインから一挙に2000円ラインまで急落し、以降は2000円ラインの前後でモミ合っていた。先月8日につけた直近安値1854円を底に、小幅続伸してきた。 加えて、今朝の日経産業新聞で「NOK、燃料電池向けFPC一体型セルシールを開発」と報道されたことも手がかり材料となっているもようだ。 業績面も、2007年3月期連結業績予想は前年比増収減益だが...





三井ハイテックは26週移動平均線回復で戻り歩調



【株価診断】 三井ハイテック<6966>(東1)はプレス用金型、ICリードフレーム、モーターコアなどが主力。3月27日に07年1月期の連結決算を発表し大幅増収増益となった。08年1月期は設備投資負担で営業益横ばい程度という会社予想だが、ハイブリッド自動車用モーターコアの本格化で上振れ期待も。 株価は決算発表をきっかけに動意づいた形となり1600円台を回復。日足ベースの一目均衡表で抵抗帯となる「雲」を突破し、週足ベースでも26週移動平均線を回復と戻り歩調。1700円近辺の上値...





西松屋チェーンは12期連続で最高益を更新、目先の値幅取り狙い



【株価診断】 西松屋チェーン<7545>(東1)は4月2日に07年2月期の単体決算を発表した。経常利益は前期比13%増の113億円となり12期連続で最高益を更新し、08年2月期も14%経常増益の見込みだ。 4月3日の終値は好業績を評価して、前日比135円高の2115円と急反発した。週足チャートで見れば2000円~2400円のボックス相場が続いており、ちょうどボックスレンジ下限から反発した形だ。 PERや配当利回りなどの指標面では割安感に欠けレンジ上放れにはやや材料不足だが、...




スポンサーサイト

【2007/04/04 20:04】 | 株式投資情報 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを 投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。