上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東邦チタニウムはしっかり。生産能力増強発表も、織り込み済み



東邦チタニウム<5727>(東1)はしっかり。30円高の5770円で始まり、前場は5750円で引けている。 きのう大引け後に、「新工場の建設によるスポンジチタンの生産能力の増強について」発表したが、大きな上げ材料にはなっていないようだ。 昨年11月に発表した構想の具体的な内容、という位置づけだったため、市場はすでに織り込んでいたもようだ。 また、この数日、チタン価格の上昇が報道されたことを材料に、5500円ラインから5800円ラインへと続伸してきていた。 しかし中期では、業...





リンク・セオリー・ホールディングスは一時、ストップ高。米投資会社の大量保有で



リンク・セオリー・ホールディングス<3373>(東マ)は一時、18万円ストップ高となり、全市場の値上がり率上位にランクインした。その後は前引けにかけて、17万円台で推移している。 先月半ばに、2007年2月中間と8月通期の業績を下方修正。連結通期では、純損失計上の見込みとなった。もともと下落傾向にあった株価は、それを受けてさらに下落し、上場来安値11万6000円をつけた。 きのう、米投資会社であるウェリントン・マネジメント・カンパニーが同社株を9.87%保有したことが判明し...





兼松日産農林はナゾの大陽線出現。よく見ると、意外と優良銘柄?



兼松日産農林<7961>(東1)は大幅反発。4円高の162円で始まり、一時、175円まで買われた。東証1部値上がり率上位にランクインしている。 とくに何か材料が出たわけではないようだが、同社の事業である、木材、住建、地盤改良という面から、思惑買いが入っているもようだ。最近は、地震関連や、建設の低位株に、ふいに短期資金が流入し、グンと値上がりする、というケースが時々ある。 しかし同社を銘柄として見ると、大口株主は、兼松<8020>(東1)をはじめとして、大手都銀、信託銀、UB...





塩野義製薬は大幅続伸。通期業績と中計の下方修正も、悪材料出尽くし、アク抜け充分



塩野義製薬<4507>(東1)は大幅続伸。5円高の2125円で始まり、その後は2210円まで買われた。東証1部値上がり率上位にランクインしている。 きのう大引け後に、2007年3月期業績予想と、2007~2009年度中期経営計画の下方修正を発表した。 修正は、連結・単体とも、純利益は据え置いたものの、売上高、営業・経常利益は下方修正となった。インフルエンザや花粉症の流行が少なかったこと、新製品の拡大が計画より遅れたことなどによる。 中計は、医療用医薬品市場の環境に想定以上の...





創通は2月中間業績の上方修正でギャップアップ



アニメ番組企画・制作事業を行なっている創通エージェンシー<3711>(JQ)は、ギャップアップ。1万4000円高の27万円で始まっている。ジャスダック値上がり率上位にランクインした。 きのう大引け後に2月中間業績予想の上方修正を発表したことが買い材料となっている。 修正は、2月中間の、連結・単独とも、売上高、経常・純利益とも上方修正した。投資有価証券の売却益を特別利益に計上すること等によるもの。8月通期業績予想は前回予想を据え置いている。 そのため、買い材料としては限定的だ...





三井物産は介護施設ファンド報道も反落。調整局面が続く



三井物産<8031>(東1)は反落。20円安の2175円で始まり、寄り後は一時、2135円まで売られた。 今朝の日経新聞等で「医療や介護分野専門に投資するファンドの設立が相次いでいる」と報道され、そのひとつとして、同社の介護付き老人ホームなどに投資するファンドが紹介された。 新日本空調<1952>(東1)などとファンドを設立し、銀行借入と合わせて約120億円を調達したという。まず東京都の介護付き老人ホームなど6物件を50億円超で購入。物件の賃貸収入を配当や元利払いに当てる。...





東京個別指導学院は反発も、M&A進展期待でまだまだ割安買い時



東京個別指導学院<4745>(東1)は反発→続伸。3円高の264円で始まり、寄り後は274円まで買われている。東証1部値上がり率上位にランクインしている。 もともと明光ネットワークジャパン<4668>(東1)株の取得などで、M&A関連銘柄として注目されていたが、きのう大引け後に発表した、第3四半期(2006年6月~2007年2月)決算が、前年同期比増収増益だったことも買い材料となっている。 売上高は前年同期比3.2%増の126億2900万円、経常利益は同12.6%増の21億...





新日本石油は続落。バイオ燃料販売開始も市場は反応薄、地合い軟調も影響



新日本石油<5001>(東1)は続落。20円安の926円で始まり、寄り後は910円台まで下げている。 今朝の日経新聞等で「石油元売各社、バイオ燃料、市販へ発進」と報道されたが、市場は反応薄だ。 報道によると、植物からつくる自動車用バイオ燃料を、同社をはじめとした石油元売10社が週内に輸入し、27日から首都圏の給油所でガソリンに混ぜて販売する。 バイオ燃料は、CO2(二酸化炭素)削減につながるものの、コスト高や規格など、普及するにはまだ課題が多いと指摘されている。 また、今朝...





SBIホールディングスは小反落。『ゴルフ三昧』社の買収も、市場は反応薄



SBIホールディングス<8473>(東1)は小反落。1200円安の4万2950円で始まり、寄り後は4万3000円台まで戻した。 きのう大引け後に、イー・ゴルフ(本社・東京)と、ゴルフ三昧(本社・大阪市)の普通株式を100%取得し、子会社化すると発表したが、市場は反応薄だ。 イー・ゴルフは、ゴルフ情報総合ポータルサイトを運営。ゴルフ三昧は、関西地区の老舗ゴルフ場予約サイトを運営している。 今回の子会社化により、関西地区~西日本エリアの提携ゴルフ場と、サイト利用者数の短期拡大を...





米国株式市況 イースター休暇を控えてポジション整理



■2007年4月4日(水)《主な指標》◎ダウ30種平均株価:12530.05(△19.75)◎ダウ運輸株指数:4891.77(▼10.01)◎ナスダック総合株価指数:2458.69(△8.36)◎長期金利(10年物国債・%):4.65(▼0.01)◎ニューヨーク原油 (ドル/バレル):64.38(▼0.26)《主な話題株》☆買われた銘柄 (値上がり率)◎マイクロソフト(△2.26%):シティーグループが第3四半期の業績見通しを上方修正。 ◎モンサント(△3.20%):大幅増収...





イオンモールは2ケタ増収増益の好決算で続伸、今期ダイヤモンドシティとの合併も材料



イオンモ-ル<8905>(東1)は小幅続伸。30円高の3450円で始まっている。 きのう大引け後に2月通期決算を発表した。連結で、営業収益は前年比17.7%増の622億5200万円、経常利益は同19.4%増の208億円、純利益は同17.5%増の121億8000万円と、2ケタ増収増益となった。 2008年2月期も、増収増益を見込んでいる。 今年度は、イオン羽生SC(埼玉県)、イオン日の出SC(東京都)を開店する。ほか、既存店の活性化、増床、リニューアルを予定している。 また、...





しまむらは2月通期好業績で続伸、今期も増収増益へ



しまむら<8227>(東1)は続伸。90円高の1万3100円で始まっている。 きのう大引け後に発表した、2月通期連結決算は、前年比増収増益だった。売上高は前年比8.1%増の3912億2100万円、経常利益は同9.6%増の338億2300万円、純利益は同8.3%増の188億2400万円。 2008年2月期連結業績予想も、前年比増収増益としている。売上高は前年実績比7.9%増の4223億円、経常利益は同18.9%増の402億円、純利益は同16.3%増の218億円を見込んでいる。...





栗田工業は史上最高値へトライ、業績はさらなる飛躍へ



栗田工業<6370>(東1)がスケールの大きな上昇相場を歩んでいる。3月30日に前3月期の経常利益が210億円から242億円(前々期184億円)へ大幅に増額修正され、再び見直し買いを集めるきっかけになった。電子産業向けに超純水製造装置、及びそのメンテナンスサービスが伸びていることが要因。 こうした傾向はそのまま今期に引き継がれる見通しにあり、今期の経常利益は264億円へ続伸が予想されている。そして、水質汚濁に悩まされている中国の水質強化の動きはこれから本格化する。同社の業績...





トヨタ自動車は絶好の買い場



トヨタ自動車<7203>(東1)は絶好の買い場。2007年には米ゼネラルモーターズ(GM)を抜いて世界最大の自動車メーカーとなるのは確実。BRICsなど成長市場での販売拡大に加え、「レクサス」による高級車市場でのシェアアップにも拍車が掛かり、業績拡大を妨げるものはない。 3月の国内登録車販売台数は前年同月比12・3%減の23万1000台。これで2006年度通年では前年度比6・6%減の160万5000台となったが、シェアは44・7%と0・8ポイント上昇。またレクサスは3月が7...





鈴茂器工 「スズモフェア2007東京」開催



鈴茂器工<6405>(JQ)は、4月10日(火)と11日(水)の2日間、池袋サンシャインシティ文化会館4階でスズモの製品を体験できる「スズモフェア」を開催する。 主力製品である「超小型包装寿司ロボット」「寿司・おむすび兼用お櫃型ロボット」「シャリ弁ロボ」をはじめとする米飯加工ロボットを、製造の実演から試食まで幅広く紹介。外食産業、寿司ビジネスを展開している経営者、これから始めようと思っている人には必見の展示会といえる。 また、10日には日本フードサービス専門学院院長林廣美氏...








スポンサーサイト

【2007/04/05 11:32】 | 株式投資情報 トラックバック(1) |


ゴルフパートナーY
はじめまして^^

私のサイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/golfjoho/archives/50096320.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして^^

私のサイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/golfjoho/archives/50096320.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
2007/04/05(Thu) 11:53 | URL  | ゴルフパートナーY #-[ 編集]
コメントを 投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
トヨタ自動車トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ 英語名: Toyota Motor Corporation)は、愛知県豊田市及び東京都文京区に本社を置く日本の自動車メーカー最大手筋|大手で、並びに日本の全業種の中でも最大規模の企業である。世界生産台数及び販売台
2007/10/05(Fri) 04:33:46 |  ちなつのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。