上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アポロ 下方修正 赤字拡大



アポロインベストメント<8206>は、2007年2月通期連結予想を発表した。 OAシステムプラザ株など、子会社株式評価損で、下方修正となった。

売上高248億円(前予想231億円)、経常利益6.15億円赤字(同6.98億円)、当期純利益36億円赤字(同16億円赤字)。









HOYA ペンタックス TOB報道に関してコメント



HOYA<7741>は、ペンタックス<7750>のTOBの報道に関して

、「現在、経営統合を円滑に進めるために、株式の公開買い付けを選択肢として検討しております。」とコメントを出した。なお、ペンタックスは「現時点ではHOYA 株式会社から正式な提案は受けておりません。」とコメントを出している。





ジャスダック 取引所 インデックスHDが改善報告書を提出へ



ジャスダック取引所は、インデックスHD<4835>が2月28日の取締役会で解散を決議した子会社のリリースを直ちに開示せず、3月26日に開示した事が、同社の適時開示などの体制改善が必要と判断し、改善報告書の提出を求める事となった事が明らかになった。





ぱど 下方修正・無配



ぱど<4833>は、2007年3月通期連結予想を発表した。

売上高100億円(前予想102億円)、経常利益1.41億円赤字(同0.3億円)、当期純利益2.63億円赤字(同0.2億円赤字)、期末配当無配(同500円)。







佐藤食品 株主割当増資202万株



佐藤食品<2814>は、202万8000株の株主割当増資を発表した。5月9日付けの株主に対して1:0.3株の割合で割当るとしている。発行価格は1株2500円。総額50億7000万円。申し込み期間6月25日?7月17日、払い込み期日8月13日。









宮入バルブ CB20億円 新株予約権発行



宮入バルブ<6495>は、総額20億円の第1回無担保転換社債型新株予約権付社債と、500個・3285万株分の第1回新株予約権を発行すると発表した。CBと新株予約権250個は、グリーン投資事業有限責任組合に、250個をアセットバリュー投資事業有限責任組合割り当てるとしている。資金の使途は財務体質の強化、海外企業の買収、老巧化した生産設備の廃棄や最新設備への投資に充当するとしている。







ジャレコHD YOZANと資本業務提携解消



ジャレコHD<7954>は、YOZAN<6830>と資本業務提携を解消すると発表した。サービスの具体的な内容や運営方法に関する協議が整わないことから両社で協議を行い、解消を決定したとしている。なお、相互に保有する株式は今後順次売却する予定としている。







白金は4700円突破後も強気維持



東京白金は軒並み4日続伸。円が対ドルで動意を欠くなか、前日までの強地合いを引き継ぐ形で朝方から買いが先行した。途中、週末を控えた手仕舞い売りを受けて弱含む場面もあったものの、大引けにかけては再び買われ、先限は前日比20円高の4720円で取引を終えた。







日本バルカー 上方修正



日本バルカー<7995>は、2007年3月通期連結予想を発表した。 保有不動産売却で上方修正となった。売上、経常利益は据え置き当期純利益が19.5億円(同15億円)となった。







東京株式市場・大引け



日経平均     17484.78(-6.64)

日経平均先物   17530.00(+0.00)

TOPIX    1717.08(-3.64)

Jストック    1734.70(-15.18)

マザーズ指数   1027.84(-23.12)

ヘラクレス指数  1683.18(-15.17)



 東京株式市場では、日経平均株価は小幅続落。

 朝方は前日の米国株式市場の上昇を受けて、1万7500円台を回復する堅調なスタートだったものの、その後は利益確定の売りに押された。6日に控えた米雇用統計への警戒感が強いうえ、「聖金曜日」で欧米市場が休場で市場参加者が少なく、薄商いのなか、前日終値付近でのもみ合いに終始した。

 個別では、TDK<6762>、京セラ<6971>、アドバンテスト<6857>、東京エレク<8035>など指数寄与度の高い値がさハイテク株の上昇が目立った。大手不動産や情報通信、電気・ガス、総合商社などが売られるなか、全体相場を下支えした。

 一方、携帯電話の純増数が業界3位に転落したソフトバンク<9984>は後場急落した。低価格プランが話題になっていただけに失望売りが出たようだ。







ゴムは軒並み買われる



東京ゴムは全限が反発。前場は、高寄りした後に売り圧力が強まるなど売り買いが交錯したが、後場に入ると強さを取り戻した。先限終値は前日比4.0円高の284.9円。この日も先限が280円を割ると買い拾われており、底堅さを確認した格好だ。ただ、280円台後半にある上値抵抗線を突破したわけではない。





東証1部値上がり・値下がり上位(4/6)



<値上がり>

No.  銘柄名    コード  現在値  前日比

1  ニチモウ    8091   245    22

2  シンプレクス  4340   46150   4000

3  鈴 丹     8193   592    45

4  中国工     5974   188    14

5  ペンタックス  7750   733    47

6  GSユアサ   6674   268    17

7  高岳製     6621   278    17

8  荏 原     6361   642    39

9  カルソカンセ  7248   590    33

10  旭テック    5606   227    12



<値下がり>

No.  銘柄名    コード  現在値  前日比

1  木村化     6378   631    -49

2  新光商     8141   2275   -135

3  丸 栄     8245   345    -19

4  一 休     2450   117000  -6000

5  久光薬     4530   3430   -170

6  小野薬     4528   6550   -290

7  高田機     5923   480    -20

8  Gウイン    8111   219    -9

9  東日CLG   8291   248    -10

10  フージャース  8907   82800   -3300








スポンサーサイト

【2007/04/07 11:39】 | 証券新報ダイジェスト トラックバック(0) |


アフィリメイト
はじめまして

私のアフィリエイト関連サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/on_meip695/archives/50126075.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして

私のアフィリエイト関連サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/on_meip695/archives/50126075.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
2007/04/08(Sun) 08:27 | URL  | アフィリメイト #-[ 編集]
コメントを 投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。