上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新株価評価時代を迎えた三菱地所



新丸ビルのオープンが接近の三菱地所<8802>(東1)が強ばっている。新しいビルは198メートル、地下4階、地上38階の規模。丸の内、大手町を地盤とする三菱にとって、再開発効果で賃料収入の増加と地価上昇の効果は大きい。とくに、今後、地価の差別化が鮮明となる見通しで、一等地として人気はますます高まる。 株価面で、去る2月に4040円と上場来の高値をつけ、バブル当時の高値3520円を抜いていることでも、同社株に対する評価が変わっている証拠だ。





酉島製作所は続伸も、まだまだ上値追いへ。「水」関連銘柄の人気は中期でジワジワ



酉島製作所<6363>(東1)は続伸。1円高の1270円で始まり、前場は1279円で引けた。 この1~2ヵ月ほど、1000円ラインから1200円台へと続伸してきたが、今朝の日経産業新聞で「酉島製作所、造水プラント向けポンプで豪州進出」と報道されたことも、買いを加速させているもようだ。 最近は「水」関連銘柄が注目されており、ポンプ大手メーカーの1社である同社も買い進まれている。とくに同社は、「海水淡水化装置向け」「中東、アジア向け」といった、旬のキーワードが入っており、受注・...





前引けの日経平均株価は254円安の1万7412円と続落



前引けの日経平均株価は254円92銭安の1万7412円41銭と続落している。TOPIXは23.01ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は3.54円安と7日続落している。 全業種値下がりしている。 東証1部市場値上がり252銘柄、値下がり1367銘柄、変わらず105銘柄となっている。 225採用銘柄の値上がり率上位は、三井造船<7003>(東1)、日立造船<7004>(東1)、丸井<8252>(東1)。 225採用銘柄の値下がり率上位は、東洋製罐<5901>(東1)、パイ...





富士通が3日続落し年初来安値を意識した動きに



富士通<6702>(東1)が、24円安の773円と3日続落し3月8日につけた年初来安値756円を意識した動きになってきた。17日に前2007年3月期業績予想を下方修正したことを嫌気した売りが継続している。本日付の四季報速報では、営業利益を従来予想から80億円減額し1820億円とした一方で、純利益は株売却特益計上で220億円増額し1020億円とした。純益額は1985年3月期の890億円を大きく上回り過去最高。ただ、事業そのものは機器生産販売を中心に市場環境が厳しく、今08年3...





名村造船所は続伸、もう少し上値追いへ。今朝は造船銘柄が高い



名村造船所<7014>(大1)は続伸。前日終値と同額の1360円で始まったが、その後、一時1400円に乗せた。大証1部値上がり率上位にランクインしている。 この1ヵ月ほど、「受注が好調で、2007年3月期は売上高、経常利益とも過去最高を更新する見込み」「大株主に新日本製鐵<5401>(東1)が新たに加わった」ことなどを材料に、1100円ラインから1400円ラインへと、続伸してきていた。 老舗造船会社らしく、大株主には新日鉄のほか、三菱重工業<7011>(東1)、日本郵船<9...





サイトサポート・インスティテュートはストップ高も、中期ではさらに上を狙える



サイトサポート・インスティテュート<2386>(東マ)は826円ストップ高買い気配。東証マザース市場値上がり率上位にランクインしている。 きのう大引け後に、2007年3月期決算の上方修正と増配を発表したことが、材料となっている。 修正は、売上高は据え置いたが、経常利益が前回予想比1億3000万円増額の3億9500万円(前年実績は1億0900万円の損失)、純利益が同6500万円増額の2億円(同7800万円の損失)とした。 黒字転換のうえに増額修正となった。配当は、期末(年間)...





木村化工機など信用解除銘柄が反発、短期資金介入



木村化工機<6378>(東1)が、60円高の604円と7日営業日ぶりに急反発している。日証金、大証金が制度信用取引の新規売りおよび買いの現引きに伴う申込停止措置を19日から解除を受け買い優勢となっている。このほか、東洋建設<1890>(東1)や丸栄<8245>(東1)など本日から解除となった銘柄が反発している。短期資金が介入しあくまで戻りと見るべきか。





ガリバーインターナショナルは2月好決算で反発→急伸



ガリバーインターナショナル<7599>(東1)は反発→急伸。今朝は470円高の7700円で始まり、その後、8000円台に乗せた。東証1部値上がり率上位にランクインしている。 きのう大引け後に発表した2007年2月通期連結決算は、売上高は微減収だったものの、経常・純利益とも増益となった。とくに経常利益は17.2%増、純利益は48.5%増と、大幅な増益だった。 2008年2月期連結業績予想も、増収増益としている。 現在の株価でPBRは5倍台と高いが、PBRは約15倍と割安。チャ...





三井不動産が年初来高値を窺う動き、再開発関連人気再燃



三井不動産<8801>(東1)が、50円高の3500円と前日と変わらずを挟んで4日続伸し2月26日につけた年初来高値3650円を窺う動きになっている。不動産市況の好調さを再評価し再開発関連が物色されている。 同社が本日、東京・銀座の富士フイルムの本社跡地に「銀座Velvia(ベルビア)館」を開業すると報じられた。衣料や雑貨の物販店のほか、レストランなど33施設が入居した。30代半ばから40代の利用を見込んでおり、周辺の商業施設が手薄な男性向け店舗を充実させているとしている。...





ブロッコリーは2月通期好決算も、利確売り先行。中期では好転期待



ブロッコリー<2706>(JQ)はモミ合い。6円高の187円で始まったが、寄り後はモミ合いながら下落傾向にある。 きのう大引け後に発表した、2007年2月通期決算は、連結で、前年比増収増益。とくに、経常・純利益は前期までの損失計上から、黒字転換となった。選択と集中を実施し、各事業の効率を重視した戦略が奏功した。 2008年2月通期連結業績予想も、増収増益としている。 今月4日に黒字転換を発表したところ、それまでの150円ラインから、居所をかえて一時、200円台に乗せた。 今...





プロミスは消費者金融株不振のなかで続落。信用残とボラティリティ利用で短期売買も?



プロミス<8574>(東1)は続落。130円安の4100円で始まり、寄り後は4180円まで戻している。 今朝は日経平均が寄り後、258円51銭安の1万75408円82銭をつけるなど、全面安で始まっている。東証1部業種別株価指数も、ほとんどの業種で値下がりしている。 もともと、同社を含めた「その他金融業」セクターは、消費者金融の利息の過徴収などで、続落していた。さらに、今朝の日経新聞等で「消費者金融、赤字1兆円超」と報道された。同社を含め、武富士<8564>(東1)、アコム<...





三菱重工業が反発、保ち合いに煮詰まり感



三菱重工業<7011>(東1)が、8円高の778円と反発し保ち合いに煮詰まり感が出てきた。経済産業省、文部科学省などが前日、次世代の原子炉候補である高速増殖炉の研究開発の委託先を三菱重工業に決定したとの発表を好感。原型炉「もんじゅ」に続く実証炉の基本設計を2015年をメドに開始するとしている。 本日は日経平均株価が150円超安と反落しており、同社株が12日につけた年初来高値788円を抜くようだと一気にムードは一変しそうだ。





GCAが反発、M&A助言額首位を好感



独立系M&A助言会社のGCA<2126>(東マ)が、2万円高の83万5000円と3日ぶりに反発している。2007年1ー3月期のM&A助言金額ランキング(公表案件ベース)で、GCAが首位に立ったとの報道を好感している。米シティグループによる日興コーディアルグループへの公開買い付けで日興を、新光証券とみずほ証券の合併で新光を助言したことが寄与したとしている。独立系助言会社への企業のニーズは今後も高まる可能性があるとGCAの佐山代表はコメントしている。 株価は、前2月期決算の減益...





HOYAは小反発。ペンタックスとの経営統合はまだゴタゴタ、もよう眺め続く



HOYA<7741>(東1)は反発。50円高の3950円で始まっている。 今月に入って、ペンタックス<7750>(東1)株のTOB(株式公開買い付け)と、同社との経営統合について、なかなか意志の一致が見られず、HOYAの株価は3900~4100円ラインの間で乱高下した。 きのうは両社のトップ会談となった。報道によると、ペンタックスの綿貫宜司社長は、TOBの猶予期間を設けると同時に、他社との提携や統合協議を認めるように要請。HOYAの鈴木洋 代表執行役は回答を留保したが、受け...





日本電気硝子は連続大幅増益、好業績見直しを先取りしたい



日本電気硝子<5214>(東1)の出遅れが目立っている。 ブラウン管用主体から液晶ガラス主体へと、業容の転換が急ピッチで進んでいる。 その液晶ガラスが好調に推移しているため、前3月期の経常利益は816億円(前々期493億円)の大幅な増益を確保した模様。 今期は液晶の市況好転が見込まれているが、アナリスト筋は液晶部材の中でも需給環境がいい液晶ガラスメーカーのメリットが最も大きいことを指摘している。 従って今期の営業利益も984億円へ大幅続伸する見通しにある。これだけ連続して変...








スポンサーサイト

【2007/04/19 12:50】 | 株式投資情報 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを 投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。