上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本電工はフィデリティ投信の保有比率上昇が株価を大いに刺激



株マニ短期注目銘柄・証券日刊1面銘柄としても紹介した日本電工<5563>(東1)が、21円高の632円と続伸し連日の年初来高値更新となっている。 フェロマンガンの市況好転もさることながら、フィデリティ投信の保有比率が13.15%から14.33%に上昇していることも株価を大いに刺激している。というのもフィデリティ投信がこの3月、主力の「日本成長株・ファンド」の運用体制を見直に端を発している。98年の設定以来、米国人の著名ファンドマネジャー、ジェイ・タルボット氏の単独運用を売り...





東洋建設は有力筋は有力筋強烈攻勢フミ上げへ、内外の大型プロジェクト山積



東洋建設<1890>(東1)が本格反騰に突入してきた。4月5日高値の135円から、昨日18日に106円まで押したが、有力筋が昨年高値の244円抜けを視野に入れ強烈な攻勢をかけてきた。目先調整の中で売り残は全く減少せず900万株からの売り残を抱えており、フミ上げの大起爆剤になる可能性が大きい。 信用倍率は1・8倍。規制解除で仕手化に火がつき、久々に大仕手戦を展開することになろう。135円を抜いてくれば火柱高も十分期待できる。 いずれにしろ、初押しは定石どおり絶好の買い。ファン...





日本ユニシスは回復を先取る、V字型の切り返しが予想される



日本ユニシス<8056>(東1)は買い場探しに妙味が大きい。前3月期の業績回復の遅れが嫌気され株価はさえない足取りだが、チャート的には3月初めの安値に対応する2番底形成局面で、仕込み場提供のニュアンスが強い。 前期の経常利益は64億円(前々期48億円)と増益だが、1株当たり利益は31円と水準は低い。 しかし、システムサービスの拡充や経費削減効果などにより今期は190億円へ様変わりの増益確保が見込まれている。純利益は2003年3月期の83億円を上回る104億円が予想されている...





大引けの日経平均株価は2円高の1万7455円と小幅続伸



大引けの日経平均株価は2円75銭高の1万7455円37銭と小幅続伸した。TOPIXは4.44ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は8.13円安と9日続落した。 値上がり業種は鉱業、機械、その他製品、輸送用機器、空運など。 値下がり業種は証券商品先物、精密機器、化学、銀行、ガラス土石製品など。 東証1部市場値上がり525銘柄、値下がり1093銘柄、変わらず111銘柄となった。 225採用銘柄の値上がり率上位は、コマツ<6301>(東1)、三菱レイヨン<3404>(東1)、...





エキサイトは連日の上場来安値更新



エキサイト<3754>(JQ)が、3万2000円安の18万円と続落し連日の上場来安値更新となっている。前週20日に発表した2007年3月期の連結業績見通し下方修正を受け、外資系証券が投資判断を「中立」継続、目標株価を28万円→24万円に引き下げたことを嫌気した売りが膨らんでいる。同社が親会社伊藤忠商事<8001>(東1)とともに世界最大の公衆無線LAN(構内情報通信網)サービス「FON」を提供する英フォン・ワイヤレスと資本・業務提携した報じられ3月30日に27万...





三益半導体工業が続伸、昨年4月高値奪回へ



三益半導体工業<8155>(東1)が、45円高の2650円と続伸している。外資系証券が投資判断を「買い」継続、目標株価を4600円→5000円に引き上げたことを好感し、17日に年初来高値2685円をつけ、19日に2560円まで押した後、切り返す動きになっている。第3四半期(2006年12月~07年2月)が好決算だったことから、2007年5月増額修正を期待する買いが継続している。 早晩、昨年4月高値2845円奪回の動きとなりそうだ。





住友化学が年初来安値を更新、外資系証券の目標株価引下げを嫌気



住友化学<4005>(東1)が、41円安の806円と反落し3月16日につけた年初来安値815円を更新、225採用銘柄の値下がり率上位に入っている。外資系証券が投資判断を「BUY」継続、目標株価を1300円→1180円に引下げたことを嫌気した売りが先行している。需給面でも信用買い残が767万株で取組倍率が10.24倍と荷もたれ感があり、下げ基調鮮明となっている。昨年12月安値738円を意識した動きとなりそうだ。





三菱レイヨンが続伸し騰勢を強める



三菱レイヨン<3404>(東1)が、28円高の818円と続伸し騰勢を強めている。先週19日発表の前07年3月期業績推定値の上方修正を受け、20日付で外資系証券が、投資判断「Buy」、目標株価1100円を継続したことに加え、別の外資系証券が投資判断を「2M」→「1M」に格上げ、目標株価を920円としたことが買い手掛かり。 目先は1月30日につけた年初来高値863円奪回の動きが期待できそうだ。




スポンサーサイト

【2007/04/23 17:24】 | 株式投資情報 トラックバック(0) |

自動車部品パーツなら
-
自動車部品の検索サイト。メーカー、製造、販売、中古、通販など自動車部品に関する各種情報をお届けしています。 http://passport.santamonicatravelodge.com/

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
自動車部品パーツなら
自動車部品の検索サイト。メーカー、製造、販売、中古、通販など自動車部品に関する各種情報をお届けしています。 http://passport.santamonicatravelodge.com/
2008/11/29(Sat) 08:00 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを 投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。