上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大引けの日経平均株価は215円安の1万7236円と大幅続落



大引けの日経平均株価は215円61銭安の1万7236円16銭と大幅に続落した。TOPIXは18.82ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は1.14円安と11日続落した。 水産・農林、その他製品を除く全業種が値下がり業した。 東証1部市場値上がり428銘柄、値下がり1194銘柄、変わらず108銘柄となった。 225採用銘柄の値上がり率上位は、ヤフー<4689>(東1)、三洋電機<6764>(東1)、トレンドマイクロ<4704>(東1)。 225採用銘柄の値下が...





小糸製作所が下げ幅を拡大し東証1部値下がり率ランキングの上位に



小糸製作所<7276>(東1)が、167円安の1405円と下げ幅を拡大し東証1部値下がり率ランキングの上位に入っている。前日の前期決算と今期予想の発表を受けて複数の外資系証券による投資判断格下げ、目標株価引下げを嫌気した売りが膨らんでいる。また、別の外資系証券では投資判断を「1M」継続、目標株価2200円を据置いている。目先は売り優勢で、下値探りの動きが続きそうだ。





メディネットは大量培養法の確立に向けた検証で米社と合意を材料視



バイオベンチャーのメディネット<2370>(東マ)が、前場1360円高の1万2300円まで買われ280円高の1万1220円となっている。同社が、新規樹状細胞加工プロセスで大量培養法の確立に向けた検証で米社と合意したとの発表を材料視。株価は2月27日の高値1万6480円から今月23日に1万350円まで37.2%下落していた。足元の業績は赤字が続くと見られ、目先のリバウンドを狙った買いが入ったようだ。





フマキラーが確りした動き、増配に加えアース製薬の保有比率上昇



フマキラー<4998>(東2)が、5円高の347円と小幅上昇し確りした動きになっている。本日午後1時に2007年3月の年間配当は前回予想より1円多い7円(前期比1円増)とすると発表した。また、アース製薬<4985>(東1)が財務省に17日受付で提出した大量保有報告書によれば、5.02%→6.04%へ上昇したことが分かっており、今後の展開は注目されそうだ。





岡野バルブ製造が急反発し年初来高値を更新



東電など電力向け大型高温高圧バルブ最大手の岡野バルブ製造<6492>(東2)が、65円高の699円と急反発し年初来高値更新となっている。原子力関連銘柄として外資系証券が注目していることに加え、本日、国内大手証券が投資判断を新規「2」としたことを材料視した買いが優勢となっている。 昨年4月高値729円が視野に入ってきたようだ。




スポンサーサイト

【2007/04/25 16:10】 | 株式投資情報 トラックバック(0) |

中国語検定試験と30代,40代の転職
-
中国語検定試験は、中国語の習熟度を1級~準4級までの6ランクで評価する検定試験である http://monchi.misterblackband.com/

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
中国語検定試験と30代,40代の転職
中国語検定試験は、中国語の習熟度を1級~準4級までの6ランクで評価する検定試験である http://monchi.misterblackband.com/
2008/11/23(Sun) 09:13 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを 投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。