上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前引けの日経平均株価は37円高の1万7312円と反発



前引けの日経平均株価は37円05銭安の1万7312円03銭と反発している。TOPIXは0.84ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は3.75円高と4日続伸している。 値上がり業種はゴム製品、その他金融、鉄鋼、石油石炭製品、卸売など。 値下がり業種は輸送用機器、空運、機械、電気・ガス、証券商品先物など。 東証1部市場値上がり726銘柄、値下がり813銘柄、変わらず183銘柄となっている。 225採用銘柄の値上がり率上位は、ダイキン工業<6367>(東1)、UFJニコス<8...





ゴルフダイジェスト・オンラインは続伸。テクニカル的には「買い時」だが・・・



ゴルフダイジェスト・オンライン<3319>(東マ)は続伸。400円高の3万1700円で始まり、前場は3万3900円まで買われている。東証マザーズ市場値上がり率上位にランクインしている。 とくに材料が出たわけではないが、ゴールデンウィークにゴルフへお出かけの方も多いだろうから、その連想買い?と見られる。また、きのう、女子ゴルフの最新世界ランキングが発表され、宮里藍が8位になるなど、日本選手の活躍からの連想買いか。あるいは、5月上旬発表予定の、第1四半期(1~3月)決算が好業績...





サンリツは中国関連の低PER、チャート妙味大



電子・通信機器の梱包・輸送・保管で有力のサンリツ<9366>(東1)が、5円高の1198円と確りした動きになっている。足元の業績について四季報では、国内は医療機器・精密部品の3PLが堅調。航空・海上貨物ともに荷動き好調として前2007年3月期経常利益は前期比11.6%増益を予想している。今08年3月期は中国向け工作機械の荷動き続伸。成田の航空貨物倉庫は好採算の大口顧客を増やし採算改善として前年推定値比18.4%の増益を予想している。今期予想PER12倍、PBR0.74倍と割...





石油資源開発が6日連騰し堅調な動きに



石油資源開発<1662>(東1)が、20円高の8550円と前日と変わらずを挟んで6日連騰し堅調な動きになっている。3月30日に年初来高値8880円をつけた後、4月10日に8040円、4月19日に8010円の安値をつけ目先調整一巡から再び騰勢を強めている。NY原油先物が直近で上昇、夏場にかけて堅調に推移すると見られ、株価は取組倍率0.17倍の好需給をテコに高値抜けが十分期待されよう。





ブリヂストンは好業績で続伸。今朝はゴム製品セクターが高い



ブリヂストン<5108>(東1)は続伸。80円高の2520円まで買われている。東証1部値上がり率上位にランクインしている。また、今朝はゴム製品セクターが高く、東証1部業種別株価指数で値上がりトップとなっているが、同社と住友ゴム工業<5110>(東1)が牽引している。 きのう大引け後に発表した、第1四半期(2007年1~3月)連結決算は、前年同期比増収増益。同時に発表した、6月中間業績予想の修正は、連結・単独とも、売上高、経常・純利益とも、上方修正とした。修正後の数値はいずれ...





太陽誘電は続落し225採用銘柄の値下がり率ランキングの上位に



太陽誘電<6976>(東1)が、70円安の2450円と続落し225採用銘柄の値下がり率ランキングの上位に入っている。外資系証券の投資判断「ニュートラル」継続、目標株価2600円 →2750円に引き上げたことを手掛かり4月27日に2670円まで買われたが、ダブルトップ形成、2月26日につけた2700円を抜けなかったことで売り先行となっている。2014年を満期とする海外円建て新株予約権付社債(転換社債=CB)を発行し、市場から200億円を調達するとしており転換による1株利益の希...





双日はネットでの排出権ビジネス開始報道で小幅反発、好業績とレーティングも材料



双日ホールディングス<2768>(東1)は小幅反発。3円高の450円で始まり、寄り後は454円まで買われた。 今朝の日経新聞等で「日本企業を対象に、CO2(二酸化炭素)など温暖化ガスの排出権取引を仲介する事業を始める」「ネットを通じ、日本語で取引、中小企業の需要開拓」と報道されたことが買い材料となっているもようだ。 また、先週末4月27日に発表した2007年3月期連結決算は、増収増益。とくに純利益は、前年比3割以上の増益となった。 きのう1日には、外資系証券がレーティングで...





フルキャストテクノロジーは大幅続伸。好決算、テクニカル、M&A思惑と、好材料揃う



フルキャストテクノロジー<2458>(JQ)は大幅続伸。4000円高の11万6000円で始まり、寄り後は一時、ストップ高水準の13万2000円まで買われた。全市場の値上がり率上位にランクインしている。 きのう大引け後に、3月中間期決算を発表した。売上高は前年同期比14.7%増の42億9600万円、経常利益は同46.9%増の2億7100万円、純利益は同59.2%増の1億6600万円と、大幅な増収増益となった。 9月通期業績予想も、前年実績比増収増益としている。 親会社のフルキ...





住友金属鉱山が続伸し直近高値を抜く



住友金属鉱山<5713>(東1)が、25円高の2380円と続伸し、直近4月19日高値2375円を抜き3月12日につけた年初来高値2445円を窺う動きになっている。27日に発表した2008年3月期の連結営業利益予想が前年比4.7%減の1550億円と減益予想になったものの、非鉄金属市況の上昇から早くも上ブレ期待が高まっている。株価は高値奪回から一段高へ進む可能性が大きいだろう。





ダイキン工業は反発。今期営業益の最高益見通し報道で



ダイキン工業<6367>(東1)は反発。200円高の4190円で始まり、寄り後は4200円まで買われている。東証1部値上がり率上位にランクインしている。 今朝の日経新聞等で「2008年3月期の連結営業利益は、前期推定比25%増の950億円程度となり、8期連続で過去最高益を更新する見通し」と報道されたことが買い材料となっている。 報道によると、売上高は同40%増の1兆2500億円程度と、同社とした初めて1兆円を超える見込み。2006年11月に子会社化したマレーシアの空調大手、...





ノーリツは小反発。米中拠点拡大と、業績予想の上方修正で本格的な反転局面へ



ノーリツ<5943>(東1)は小反発。前日終値と同額の2220円で始まったが、寄り後は35円高の2255円まで買われている。 今朝の日経新聞等で「米国と中国の営業拠点を、2008年末までに現在の5ヵ所から10ヵ所に倍増させる」と報道されたことが買い材料となっているもようだ。 報道によると、米国の拠点は東海岸北部と中西部の2ヵ所に設ける。1ヵ所あたりの整備費用は約1億円。中国では華北地区、華南地区、内陸部の3ヵ所に営業拠点を新設する。2006年12月通期の、米国と中国の売上高...





カシオ計算機はリバウンド好機を迎える



カシオ計算機<6952>(東1)が、50円高の2450円と3営業日ぶりに反発している。同社の2007年3月期の連結営業利益は前の期に比べて11%増の480億円前後と3期連続で過去最高を更新したもようだと日本経済新聞社が報じたことを好感している。デジタルカメラがヒットしたほか、携帯電話機なども好調。価格競争の激しい電子デバイス事業の不振を補った。年間配当は20円を予定しているが、増配する公算があるとしている。 カシオ計算機は、直近3月26日の高値2685円から2390円まで1...





トヨタの日柄は2ヶ月経過、二番底で仕込む



【株価診断】 2月27日に高値をつけたトヨタ自動車<7203>(東1)は、高値からの日柄が2ヶ月を経過した。この間の安値は4月13日の7080円で、高値からの下落率は15.2%に達し、日経平均を上回る下げ。悪い材料が表面化したわけではない。むしろ、世界1の販売台数となるなど、好材料が目立つ。 しかし、それを受付けないことは、買い疲れといえる。とくに、信用買残が依然、高水準のままである。2月28日に30日線を切って以降、同線の下で動いており、本格反発には30日線を抜くことが必...





「陽の坊主足」で相場が変わったセイクレス、デイトレも可



【株価診断】 2万6000円幅の大陽線を出したセイクレスト<8900>(JQ)。しかも、ほぼ「陽の坊主足」といえる強い足。これで、長期間続いた下落から底離れ確認。元社員のインサイダー違反で、撤回されていたプロジエクトの復活が材料。ただ、大陽線のあとは、2,3本の陽線追加で、一服になるケースが多いので深追い慎む。<投資方針>新規買いは、デイトレなら5万7000円カイ、6万3700円ウリ。現物中期なら4万5000円までの下げを待つ。





日本橋梁は短期狙いのタイミング



【株価診断】 日本橋梁<5912>(東1)は、去る4月23日に大きい陽線が出現したが、その翌日の432円で高値となり調整に入った。「大陽線のあとは伸びきれない」との見方通りの動き。ただ、その後の調整が30日線を割り込むことなく底堅いので再上昇の可能性を残している。<投資方針>新規は短期狙いに徹する。カイ340円、ウリ450円。








スポンサーサイト

【2007/05/02 11:19】 | 株式投資情報 トラックバック(0) |

所定労働時間と30代,40代の転職
-
所定労働時間とは、就業規則や雇用契約書で定められた労働者の労働時間のことをいう http://machinate.misterblackband.com/

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
所定労働時間と30代,40代の転職
所定労働時間とは、就業規則や雇用契約書で定められた労働者の労働時間のことをいう http://machinate.misterblackband.com/
2008/11/15(Sat) 08:24 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを 投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。