上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大引けの日経平均株価は119円高の1万7394円と反発



大引けの日経平均株価は119円94銭高の1万7394円92銭と3営業日ぶりに反発した。TOPIXは10.97ポイントの上昇、日経ジャスダック平均株価は10.97円高と4日続伸した。 値上がり業種は鉄鋼、その他金融、卸売、石油石炭製品、非鉄金属など。 値下がり業種は輸送用機器、空運、機械、電気・ガス、医薬品など。 東証1部市場値上がり1001銘柄、値下がり593銘柄、変わらず132銘柄となった。 225採用銘柄の値上がり率上位は、UFJニコス<8583>(東1)、住友金属鉱山...





大和工業が上場来高値を更新、今期2ケタ増益・増配見通しを好感



独立系電炉の大和工業<5444>(東1)が、150円高の4160円と2月27日につけた上場来高値4050円を大幅に更新してきた。本日午後1時に2007年3月期の連結決算と08年業績予想を併せて発表、今期の2ケタ増益と増配を好感した買いが入っている。07年3月期の年間配当を前の期に比べて6円増やし37円とし、08年3月期の予想年間配当をさらに前期から3円増やして40円にするとしている。国内外の堅調な鋼材需要を見込み、08年3月期の連結営業利益を前期比21%増の125億円を見込...





日機装が反発、4ケタ大台回復となるか注目



化学用精密ポンプ首位の日機装<6376>(東1)が、10円高の858円と反発している。5月7日に決算発表を予定されている。今期は減益予想だが、四季報では、来期受注は工業部門好調で拡大。医療部門の競争激化響くが、石化向け等ポンプや航空機向け複合材が牽引し利益好転として、営業利益は前年推定値比18.1%増の65億円と予想している。株価も昨年11月安値797円、前月24日安値829円の二番底を形成し、昨年6月高値からの調整に一巡感がある。4ケタ大台回復となるか注目される。





東ソーはここからリバウンド狙い



東ソー<4042>(東1)が、11円高の569円と続伸し騰勢を強めている。東ソー系のオルガノ<6368>(東1)が4月11日につけた年初来高値を前日に更新したことも株価を刺激している。 東ソーの押し目に注目したい。2月26日に年初来高値654円をつけた後、4月24日に535円まで100円超18.2%下落し底入れ感がでてきた。 足元の業績について、5日付の日本経済新聞朝刊では、2007年3月期の連結営業利益は従来予想を40億円上回る570億円(前の期比20%増)と2年ぶりに...





三井金属が年初来安値を更新、今期減益見通しを嫌気した売り続く



三井金属<5706>(東1)が、13円安の572円まで売られ、1月5日につけた年初来安値574円を更新している。4月26日に発表した2007年3月期連結決算は純利益が前の期比34%増の313億円と過去最高だったが、08年3月期は非鉄価格の下落を前提に2ケタの減益となる見通しとしたことを嫌気した売りが継続している。国内大手証券系調査機関では、投資判断を「3」→「2」へ格下げしている。次の下値ラインとして550円処が意識される展開が予想される。





スティールが大株主の日清紡の押し目に注目



スティールが大株主の日清紡<3105>(東1)の押し目に注目。江崎グリコ<2206>(東1)が、1日に米系投資ファンドのスティール・パートナーズから2007年3月期の年間配当を1株当たり30円(前の期は10円)に引き上げるように株主提案を受けたとの発表で、年初来高値1500円に接近する動きがみられた。今年2月にスティールが5%強を保有する株主に浮上した日清紡は3月29日、長期にわたる配当政策を発表し、2007年3月期の決算発表に先立ち、08年3月期の年間配当を普通配で5円増...





新日本製鐵が続伸し騰勢を強める、相場のリード役として復活が期待される



新日本製鐵<5401>(東1)が、12円高の809円と続伸し騰勢を強めている。前週末発表した2008年3月期の連結経常利益が前期比微増の6000億円になる見通しを受け、複数の証券会社が投資判断の強気見通しを継続している。外資系証券は投資判断を「1M」継続、国内大手証券系調査機関では、足もとの環境が良いほか、中期成長シナリオが見え始めた点が新たな評価ポイントであるとして、投資判断「2」を継続。さらに、銀行系証券では積極的な業績拡大策を評価すると株価の上昇余地は大きいと考えると...





目先買える三菱重工、中期は一段安を狙う



【株価診断】 三菱重工業<7011>(東1)は去る、4月27日に30日線を割り、下げを加速して一気に700円を割った。今年3月にも30日線割れがあったが、当時は、翌日には30日線を奪回した。今回は完全に相場にヒビが入った。<投資方針>短期は690円でカイ、755円でウリ。中期投資は26週線の650円前後までの突込みを待つ。




スポンサーサイト

【2007/05/02 23:55】 | 株式投資情報 トラックバック(0) |

もっとツールバー活用方法
-
ツールバーの検索サイト。表示、ポケモン、削除、キン肉マン、エクセルなどツールバーに関する各種情報をお届けしています。 http://big.tallmadgetitans.com/

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
もっとツールバー活用方法
ツールバーの検索サイト。表示、ポケモン、削除、キン肉マン、エクセルなどツールバーに関する各種情報をお届けしています。 http://big.tallmadgetitans.com/
2008/11/14(Fri) 09:19 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを 投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。