上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第一カッター興業は3Qの高進捗を好感し、ストップ高



コンクリート構造物工事の第一カッター興業<1716>(JQ)は、前場に100円ストップ高の1034円で寄り付いた後も買い物を集め、ストップ高買い気配となっている。 同社は14日、今6月期第3四半期決算を発表した。売上高52億4300万円(前年同期比9.5%増)、経常利益7億900万円(同67.2%増)、純利益4億3400万円(同2.4倍)となり、通期予想の売上高62億8000万円、経常利益4億7900万円、純利益3億800万円に対して、すでに上回る利益水準で着地。 民間設備...





セガサミーホールディングスが連日の年初来安値更新



セガサミーホールディングス<6460>(東1)が、245円安の2250円と4日続急落し連日の年初来安値更新となっている。前日に2007年3月期連結決算と併せて08年3月期業績予想を発表、前期の当期利益前の期比34.4%減、今期の当期利益が前年比19.5%減の350億円見込みを嫌気した売りが膨らんでいる。銀行系証券は投資判断を「2」→「2-」へ格下げしている。株価は下値探りの展開が続きそうだ。





前引けの日経平均株価は121円安の1万7740円と反落



前引けの日経平均株価は121円71銭安の1万7556円23銭と反落。TOPIXは11.70ポイントの下落、日経ジャスダック平均株価は12.23円安と4日続落している。 値上がり業種は情報・通信、輸送用機器、パルプ・紙、電気・ガスの4業種。他の業種は値下がりしている。 東証1部市場値上がり286銘柄、値下がり1350銘柄、変わらず86銘柄となっている。 225採用銘柄の値上がり率上位は、パイオニア<6773>(東1)、いすゞ自動車<7202>(東1)、ダイキン工業<6367>...





アマガサは続伸トレンド踏襲で、40万円ラインへ戻り足



アマガサ<3070>(大ヘ)は続伸。1000円安の31万8000円で始まったが、前場は34万1000円まで買われた。前引け時で、ヘラクレス市場値上がり率4位となっている。 今年2月の上場以来の日足チャートを見ると、上場時につけた43万8000円が「上場来高値」。あとはなべ底で、4月17日につけた41万円で2度目のピークをつけた。今月に入ってから、陽線と陰線を交互につけながら、続伸して来ている。 とくに材料が出たわけではなく、この傾向を踏襲しているもようだ。このまま、再び40...





フリービットは反発。下値切り上げるいいカタチのチャート



フリービット<3843>(東マ)は反発。1万円安の56万8000円で始まったが、その後、62万5000円まで買われた。東証マザーズ値上がり率上位にランクインしている。 とくに何か材料が出たわけではないが、きのうまで3営業日続落。先週11日にはストップ安となるなど、そろそろテクニカル的に底打ち→反発のタイミングに来ていた。 今年3月の上場以来の日足チャートを見ると、下値抵抗線を切り上げつつ、山が2つできている、いいカタチをしている。このまま続伸し、3つめの山を形成したい。まず...





日本カーバイド工業は好決算発表も反落。地合い軟調で利確売り先行



日本カーバイド工業<4064>(東1)は反落。10円安の248円で始まり、246円まで売られている。 きのう大引け後に発表した、2007年3月期連結決算は、前年比増収増益で、とくに経常利益は18.3%増と2ケタ増益、純利益は前年の損失計上から黒字転換、かつ18億4400万円の利益計上となった。 が、4月末にすでに上方修正が発表され、それを受けて株価は直近安値224円で底を打ち、続伸傾向で来ていた。決算発表で、まずは利益確定売りが先行したもようだ。 また、2008年3月期の連...





ふくおかFGは小反発→続伸。押し目から、まずは940円ライン奪回へ



ふくおかフィナンシャルグループ<8354>(東1)は小反発→続伸。1円高の863円で始まり。その後は881円まで買われている。 きのう大引け後に発表した、2007年3月期連結決算は、福岡銀行分が、経常収益、経常・純利益とも、前年比増収増益。熊本ファミリー銀行分では、経常収益が前年比減収、経常・純損益ともに、損失計上となった。 2008年3月期のふくおかフィナンシャルグループの連結業績予想は、経常収益が2350億円、経常利益が600億円、純利益が345億円。経常収益は、前期の...





トヨタ自動車は押し目買い一貫



トヨタ自動車<7203>(東1)は押し目買い一貫。2月高値の8350円から1200円下げているが、中期的には1万円相場との見方が強いだけに、ポジティブに対処するのがパフォーマンスにつながろう。EPSも13倍台、PER1・9倍台は割安が目立つ。 前3月期の連結経常利益2兆円乗せに続いて、今3月期の営業利益は高水準の設備当為に伴う減価償却費の増加や研究か初日の拡大を吸収し、前期比微増の2兆2500億円を計画。また、今期の連結販売台数は、カローラなどグローバルコアモデルの拡販をテ...





東洋電機製造は来期を買う



東洋電機製造<6505>(東1)に出遅れ狙いの買いが集まりそうだ。業容拡大に向けての人員増、研究開発費の増加などから今5月期は経常利益24億円(前期25億円)と小幅減益にとどまる見通し。 しかし、JRからの新型通勤電車及び新幹線の発注増を受け車両用電装品が大きく伸びるほか、ICカード対応の役務機器など情報システム部門も好調をキープ、来期の経常利益は32億円へV字型の回復をたどる見込みにある。 来期の1株当たり利益は37円が見込まれており、400円台の株価はいかにも割安な水準...





椿本チエインはギャップアップ。好業績に加え、自社株買い価格サヤ寄せ?



椿本チエイン<6371>(東1)はギャップアップ。70円高の765円で始まり、その後は772円まで買われている。 きのう大引け後に発表した、2007年3月期連結決算が、前年比増収増益で、とくに経常・純利益はそれぞれ15.5%増、29.3%増の、2ケタ増益だった。2008年3月期の連結業績予想も、増収増益としている。 同時に、自社株買いを発表した。期間は、きょうから5月22日まで。取得株式総数は上限140万株、発行済み株式総数に対する割合は0.7%。取得価額の総額は、上限12...





ニッパツは下値模索終了し反騰開始



ニッパツ<5991>(東1)が4月下旬の底固め終了で反騰に転じてきた。先週末の決算発表は予想通り増収増益で過去最高益を更新。 配当は期末前年同期に比べ2・5円増の7円とし、年2・5円増の11・5円配を予定、材料面での裏付けも十分。チャート面でも早晩ゴールデンクロスが入る節にあるほか、有力アナリストも注目。 とくに、連休前の無気力な地合いに下値模索が長かっただけに、その反動は大きかろう。主力の自動車部品事業、精密部品事業とも強力なドライバーを備えていることは、中期投資対象銘柄...





中部電力は小幅続伸。今朝は地合いが悪いなか、電力株はしっかり



中部電力<9502>(東1)は小幅続伸。前日終値と同額の3640円で始まったが、その後は3680円まで買われている。 今朝は日経平均株価が反落し、寄り後は1万7500円台で推移している、地合いの悪い状態。前日のアメリカ市場で、ダウ工業株30種平均は小幅上昇となったものの、ナスダック総合株価指数が下落したことが要因となっているもようだ。 寄り付き前に発表された、3月機械受注統計で「船舶・電力を除く民需」の受注額が前月比4.5%減となったことが売りを誘っているという。 というわ...





タカタは2006年11月公開価格の4100円奪回へ。今朝は自動車セクターが高い



シートベルトやエアバッグなど自動車安全部品のメーカー、タカタ<7312>(東1)は反発。150円高の3930円まで買われている。 今朝は輸送用機器セクターが高く、東証1部業種別株価指数の数少ない値上がりセクターとなっている。いすゞ自動車<7202>(東1)をはじめとした、自動車メーカーのほか、ティラド<7236>(東1)、NOK<7240>(東1)などが買われている。 タカタの2006年11月上場以来のチャートを見ると、3月につけた「上場来高値」5170円がピークの山型を描...





150~155万円目標の三菱UFJフィナンシャル・グループ



【株価診断】 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)は、06年4月の195万円を高値に、業務改善命令を受けたことも響いて、ほぼ一本調子の下げだった。三段下げチャートとなったことで、今年5月の125万円で底値をつけたとみていい。日足ベースでは30日線を上抜いてきたが、週足ベースで26週線(1450円前後)を抜いてくることができるかどうかが見所。株価の底入れと歩調を合わせるように、2年で配当倍増という好材料も表面化した。同社株が他の銀行株に波及すれば、このところ...





雪国まいたけは業績への信頼乏しく、ジリ安続く



【株価診断】 雪国まいたけ<1378>(東2)は、2005年暮れに分割の権利を落とし590円を高値に、長期右肩下がりの相場が続いている。08年3月期の経常利益は14億円(07年3月期1億3900万円)と急回復見通しだが、株価にはほとんど無反応。「多分、8期連続と思うが、減額修正が続いているため、業績に信頼がもてない」との見方。実際、07年3月期の経常利益を1月19日にそれまでの予想16億円から7億5000万円へ減額、さらに3月20日には、わずか900万円へ大幅減額していた。...








スポンサーサイト

【2007/05/15 13:22】 | 株式投資情報 トラックバック(0) |

国内・海外旅行地理検定試験
-
国内・海外旅行地理検定試験とは、日本や世界の地勢と環境、国内外の観光地・観光資源の名称といった知識について判定する検定試験で、旅行地理検定協会が実施する http://laburnum.ellingtonrecords.com/

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
国内・海外旅行地理検定試験
国内・海外旅行地理検定試験とは、日本や世界の地勢と環境、国内外の観光地・観光資源の名称といった知識について判定する検定試験で、旅行地理検定協会が実施する http://laburnum.ellingtonrecords.com/
2008/10/30(Thu) 00:26 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを 投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。